モテ期到来、かニャ

冬はつとめて というけれど。私は夏の朝、空が白んでいく時間の空気が好きです。

今朝も曲を浚いながら散歩していたら、大きな茶トラ猫が寄ってきました。

足元をぐるぐる回りながら顔をすりすり、こちらを見上げながら なにかを訴えるようにミャウミャウ。

もしかして ついていったらバロン男爵に会えたりしちゃうかも?…としばらく立ち止まってみたけれど、どこにも連れていってくれない様子だったので(笑)また歩き出しても ずっとすりすりくっついてきました。

も、萌える…(*´д`*)

あまりの可愛さに後先構わず押し倒したい衝動に必死に抗いながら(ばか)、家の下に着いて「散歩終わりだよ、またね」と言ったら 来た道をとことこ戻っていきました。なんだったんだろう…お腹でもすいていたのかしらん。

今夜あたり 猫の国からお迎えがきてもいいように、心の準備だけはしておきます(笑)