サルトリイバラをめくってみたら - グローバルネイチャークラブのガイド日記

ルリタテハの幼虫でもいないかな〜と思って

サルトリイバラの葉をめくったら、

こんな子がいたので、思わずお持ち帰り。

蛇の真似でもしてるのでしょうか?

ツインの渦巻がso cute!

この兄弟、ほとんどこの格好で動かないのですが、

葉を食べるためにたまに起き出すタイミングが完全に一緒。

でも小さい方が早くに満腹になってしまうのか、

早々に引き揚げてまたこの格好に。

面白いので、しばらくおうちにいてもらう事にしました。

2日後。

兄弟はここまで大きくなりました。

エサとなるサルトリイバラがなくなってので、うちの周りで探します。

しばらく歩いて探しても見つからないので車で出かけることにしました。

ないなーないなーないなーーー…あった!!

この茎だけで、しかも車で、なぜわかったのか自分でも不思議ですが、

とにかくありました。

そしてこの新芽(新茎?)が、今まで見たことないほどに瑞々しく初々しく、

それでいて太く力強くて、魅せられてしまいました。

茎を育てるのにエネルギーを使ったのか、葉は少ししかついていなかったので、

いただくのはやめました。

隣に、細いながら少し棘がある茎の個体があって、

葉がけっこうついていたので、頂きました。

もう葉は充分なのですが、

これを機会にサルトリイバラ探しをもう少し続けようと思って

山頂に向かう道のドライブを続けました。

あるある!かなりある!!

温泉ホテルに向かう道では、陽に照らされて美しく輝いていました。

ちなみに今の時期のサルトリイバラの新芽は、

伸びるのが嬉しいのか、こんな風にはしゃいでます。

10日後

二匹とも茶色っぽく色が変わりました。

でもそこまで大きくはなってません。

今まで飼った蝶や蛾の幼虫と、比べるとかなりの小食です。

なんとなくハバチかな〜と最初から思っていましたが、

そろそろと思って調べたところ、ハチガタハバチのようです。

やっぱりハバチ!!!

ちょっと躊躇しましたが、まいっか、

ということで、ホームステイ続投。

・・・と思ったら次の日に、

脱皮してかわいらしい模様がなくなっていました!

何だろうこの気持ち…

息子が思春期に入って、むさくなってきちゃった時のショックに似た感じ?

(息子いないけど)

でも相変わらずツインで丸くなっているのはかわいいです。

顔みたいに見える!

調べたらこの状態になったら土に潜って蛹になるそうなので、

容器に土を入れたら、夜には消えていたので、

順調に潜ったのでしょう。

おっさんになっちゃった息子を見たいような見たくないような?笑

でもやっぱりみたいな〜

ということで、出てくるのを待ちたいと思います。

おまけ

丸くなって寝るウチの姫さま。