コラムイジュンギがファンに愛される理由がわかる3つのエピソード!

コラムイジュンギがファンに愛される理由がわかる3つのエピソード!

イジュンギを見ているとこう思う彼は自分の存在が誰によって支えられているかを心の底から知っている俳優なのだ、と。彼に関わる様なエピソードから特に3つを選んでみた。

自分の作品への責任感

最初はひたむきなエピソードだ。

主演映画の王の男が記録的な大ヒットをしたとき、ドラマの撮影で忙しいにもかかわらず、イジュンギは1日に5カ所の映画館を回りながら舞台挨拶をこなした。すでに公開して日も経ち、観る人はほとんど観たというのに、地方を往来しながら映画を広報したし、ファンとの交流にも喜んで参加した。

多くの俳優が映画の公開直前に、決められた大型映画館で1、2回の舞台挨拶をして済ませてしまうのと比べると、まるで違った。

イジュンギのこのような姿勢からは、自分の作品についての強い愛情と責任感が感じられた。

次は才能と努力のエピソード。

イジュンギはファンイベントでも、何カ月も前から計画を立て、専門家から歌とダンスのレッスンを受け、舞台もプロミュージシャンのコンサート並みのものを用意する。すべてがファンに喜んでもらうためだ。

成功した理由

韓国音楽界のヒットプロデュサであるキムヒョンソクと組んでアルバムを作ったときのことだ。

当時のことをキムヒョンソクがこう振り返る。

マネージャーが置いていったイジュンギのファンコンサートの資料を見て僕の浅い考えは無惨に壊れました。すごく慌てたんです。彼はプロで、トレンドを作れる人で、アーティストだったのです。冷や汗をかいたほどです。軽く簡単に済まそうと思った僕の判断は間違いでした

キムヒョンソクはイジュンギと最初に会議をした日のことを忘れないと言う。

なるほど、こうだからイジュンギは成功したのか、と思いました。照明一つにしても細かいアイディアを出して凄いんです

ある人は自分の才能の限界にたえず挑戦してそれを克服します。アルバムプロデューサーとしてこのような人に出会うのは、宝くじに当たるのと同じです。一緒にする作業自体が幸運なのです。そんな人はこちらが一を求めると十を作ってくれます。それがイジュンギでした

プロ意識に徹した彼

キムヒョンソクの話が続く。

イジュンギはレコーディングのときも納得するまでは夜中の3時になってもやめませんし、プロモーションビデオの撮影のときも2日間一睡もしないまま徹夜で踊るシーンを撮っても決して笑顔を忘れないんです

このように、キムヒョンソクは感心しながら、イジュンギの日頃の姿勢について語った。

3つ目はプロ意識に徹したエピソードだ。

兵役を終えて除隊したイジュンギは、芸能界に復帰した。来日したときの記者会見で語った言葉がとても印象的だった。

復帰作アラン使道伝は自分の欲で選んだのではなく、ファンの方に僕の姿を見ていただきたい、という気持ちで選びました

イジュンギはいつもファンが第一なのである。

最大の魅力は?

イジュンギは続けてこう言った。

俳優としては、演技をやっては休み、やっては休み、というふうにしたいと考えてはいませんでした

作品ごとに自分に与えられたキャラクターについてどういうふうに消化していくのか、ということは、僕にとっては新しい挑戦です。そして、その挑戦自体がすごく刺激的だと考えています

こういう刺激をこれからもたくさん受けていきたいですね。それが僕自身の情熱につながり、その姿をこれからもファンの方にお見せしたいと思います

彼の言葉を聞いてこう思った。

イジュンギが持っている最大の魅力は、ルックスや演技力もさることながら、やはり、誠実にファンの期待に応える人間性であるに違いない。

3つのエピソードがそれを証明している。

文ロコレ編集部

コラム提供ロコレ

ジュンギ君はファンバカと言われたこともありましたね

俳優のFMで歌を歌ったり踊ったりするようになったのもジュンギ君がやってからですよね

今回もSNSでファンと交流してくれていますよね

良い記事立ったので、アップしましたね